MENU

QR CODE

QRコード

SITE PR

エレキギターを始めよう!

エレキギター・機材の選び方、練習の仕方などの初心者のための情報サイト

必聴ロック名盤資料室

洋楽中心に歴史に残る、もしくは残すべきロックの名盤の数々をレビュー

管理人オススメ

HAO Rumble MOD

HAO - Rumble MOD.

MAXON - Distortion Master DS830

MAXON - Distortion Master DS830

MXR - micro amp (M-133/ CSP-233)

MXR - micro amp
(M-133/ CSP-233)

HOTONE NANO LEGACY

HOTONE - NANO LEGACY(ヘッドアンプ)

Home
ギターアンプ
Randall NB-15

Randall NB-15

Randall NB-15

ヌーノ・ベッテンコートのシグネチャーモデル。このシリーズは他にもカーク・ハメットやジョージ・リンチのモデルもあるようです。クリーンからオーバードライブ、ハイゲイン・サウンドまで出すことができ、ドンシャリな Fender アンプといった感じがします。サイズは Fender / Frontman 15 と同じぐらいで小さいが、意外にパワフルで驚くはずだ。

クリーン・チャンネルは多分コンプが効いてるような感じがし、サウンドの厚みがしっかりしている。ジャズをやるにも良いサウンドです。コーラスをかけたときの音色がなかなか素晴らしい。ディストーション・ペダルやマルチエフェクターを使う場合、クリーン・チャンネルでなくドライブ・チャンネルでゲイン0で鳴らすといいです。

ドライブ・チャンネルは3時の位置までがオーバードライブ系で、それ以降はディストーション。SOLOスイッチで若干ブーストされるが、かけっぱなしでも問題なくコード弾きもいける。シングルコイルで鳴らした場合、音が堅すぎるかなと思います。ハムバッキングのギターで弾いても音はこもることなく、ガッチリとしたサウンドを出してくれます。

YouTube動画

[ ギターアンプ 一覧へ戻る ]

広告